弁理士紹介
-PATENT ATTORNEYS-

所長メッセージ

日々のビジネスの中で、みなさんの創意工夫の上に誕生する新しい技術や美しく機能的なデザイン。これらは、他社との競合に打ち勝つ大きな武器となりますが、何の手当もしないと、他社に容易に模倣されてしまい、それまでの努力が水の泡となってしまいます。そればかりか、売上アップを見込んで行った設備投資が無駄になるなど、経営そのものに打撃を受けかねないこととなります。
そうならないためにも、他社に先駆けて、特許出願や意匠登録出願をすることは、とても大切です。

また、商品やサービス、または会社のネーミング、ロゴマークなどは、みなさんの事業の信用をあらわすものであり、市場での優位性を保つための重要な財産です。しかし、これらも模倣されてしまうと、みなさんの信用にただ乗りして不当に利益を上げる会社が現われたり、同じネーミングで粗悪品を販売されてしまう等、事業の信用が害されてしまうこととなります。
そうならないためにも、早期に、商標登録出願をすることは大切です。

そして、グローバル経済を生き抜くためには、日本国内での特許権、意匠権、商標権の取得のみならず、外国での権利取得にも気を配らなくてはいけません。

ただし、権利取得が大切だといっても、ただやみくもに、特許出願、意匠登録出願、商標登録出願をすれば良いというわけではありません。これらの権利の取得・維持には、相応の費用が掛かります。みなさんの事業計画に不要な権利をたくさん取得してみても、かえってみなさんの事業の足を引っ張りかねません。

ボングゥー特許商標事務所は、みなさんの知的財産の戦略を共に考えるパートナーです。みなさんの立場になって真剣に考え、みなさんの事業計画に最良と思われる権利範囲での特許権、意匠権、商標権の取得を提案します。そして、権利取得後も、その活用・保護について積極的にサポートします。
是非、私たちと一緒に、知的財産を活用した、みなさんの事業の明るい未来図を描いていきましょう。

ボングゥー特許商標事務所
所長弁理士 堀越 総明

弁理士紹介

堀越 総明
Somei HORIKOSHI
日本弁理士会会員 登録番号20591号
日本弁理士会著作権委員会委員
(2018〜2021年度、2020年度は委員長、2019年度は副委員長を務める。)
オーファンワークス実証事業実行委員会アドバイザー(2021年度~)
<主な専門分野>
商標、著作権、不正競争防止法、民法
<経歴>
東京都出身 私立暁星高等学校卒業
成蹊大学法学部法律学科卒業
大手企業で営業企画・商品開発等に従事した後、
現在、ボングゥー特許商標事務所所長。
<著作・論文>
月刊パテント「増え続ける著作権者不明の著作物<オーファンワークス>の傾向と対策」/日本弁理士会、2021年
特許ニュース「プログラムの著作権登録を活用する効果的な場面」/経済産業調査会、2021年
特許ニュース「オーファンワークス実証事業の取り組みについて〔1〕・〔2〕」/経済産業調査会、2020年
知らなかったでは済まされない著作権の話〔上〕・〔下〕/パンダ・パブリッシング、2018年
<講義・講演・セミナー>
日本弁理士会北海道会研修「弁理士の著作権実務」/2021年11月
福島大学/2021年10月、2020年10月、2019年10月
日本弁理士会研修「弁理士が関与できる著作権法関係の業務のビジネス化」/東京・2019年6月、名古屋・2019年8月
堀越 真弓
Mayumi HORIKOSHI
日本弁理士会会員 登録番号16218号
日本弁理士会バイオ・ライフサイエンス委員会委員(2009年度)
<主な専門分野>
特許、意匠
<経歴>
北海道出身 北海道北見北斗高等学校卒業
静岡大学理学部化学科卒業
静岡大学大学院理工学研究科化学専攻修士課程修了
大手企業で研究開発に従事した後、
特許庁にて特許審査調査員として勤務。
2009年 吉田国際特許事務所に入所(~2019年)
現在、ボングゥー特許商標事務所の副所長を務める。
<著作・論文>
医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向(共著)/技術情報協会、2019年
月刊パテント「用量・用法に特徴を有する医薬発明の特許審査に関する日米欧比較」(共著)/日本弁理士会、2010年
<講義・講演・セミナー>
静岡県立大学「研究活動と知財」/2018年12月
川崎商工会議所「知的財産権と特許の取得」/2012年3月、2011年1月
関東学院大学「学生の発明・著作」/2010年5月

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5839-2031(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る