コラム
-COLUMN-

【東京】商標登録のメリット、商標登録しないことで生じるデメリット

なぜ大企業は必ず商標登録を受けているのでしょうか?それは、商標登録を受けることで、ビジネス上の多くのメリットを得ることができるからです。逆に、商標登録せずに放置していると、大きな損害を被る可能性もあります。そこで東京のボングゥー特許商標事務所が、商標登録を受けるべきか迷っている経営者の方々に向けて、商標登録のメリット、商標登録しないことで生じるデメリットを詳しく解説していきます。

ビジネスへの恩恵は大!商標登録のメリットとは?

メリット/デメリット

新しい商品を開発したり、新しいサービスを考えたりしたときには、その商品やサービスのネーミングや、ブランドのマークについて商標登録を受けることがとても大切になります。商標登録することにより、ビジネスにおいて、以下に示すような多大なメリットを受けることができます。

商標を独占的に使用できる

商標出願して商標登録を受けると、指定した商品またはサービスの提供において、登録商標を独占的に使用することができるようになります。「独占的」ということですから、商標登録を受けた商標と紛らわしい商標を他人が勝手に使用していたら、その使用を止めさせることができますし、他人の使用により損失が発生していたら、その他人に損害賠償を請求することもできます。つまり、商標登録を受けることにより、他人はあなたの商標(ブランドのネーミングやマーク)を模倣できなくなり、将来にわたって、ブランドの価値を確立することができるようになるのです。

高額のライセンス収入が得られる可能性もある

商標登録を受けると、あなたはその商標を自分自身で使用するだけでなく、第三者に対してライセンスして使用させることもできます。商標登録を受けた商標のブランド価値が高まってくれば、ライセンシーから相当なライセンス料を受け取ることもでき、事業の収入を拡大することも可能です。将来的には、フランチャイズ展開することにより、たった1つの商標登録のライセンス収入のみで、事業を維持できるだけの利益を得ることも可能なのです。

商標権は他人に譲渡できる

商標権は財産権ですので、他人に譲渡することもできます。事業方針の転換により、他社に事業譲渡を行う場合でも、その事業で使用する商標のブランド価値が高ければ、その商標権を高額で譲渡することもできます。また、万が一、事業が上手くいかず、会社を清算することになったとしても、十分なブランド価値を確立した商標権ならば、破産手続きの際に買い手が現れ、換価できる場合もあります。

資金調達を有利にすることもできる

商標の価値は会社の信用にも影響を与えます。ブランド価値の高い商標について商標登録を受けていれば、その商標権を担保として、金融機関から十分な融資を受けられる可能性があります。

東京のボングゥー特許商標事務所では、お客様が商標登録のメリットを最大限享受できるようにアドバイスさせていただきます。商標登録について、どのような小さな疑問でも結構ですので、お気軽にご相談ください。

事業の存亡にかかわるかも?商標登録しないことで生じるデメリット

2体のデッサン人形と「商標」と記載されたボード

新しい商品やサービスを開発したとき、発売に向けてすてきなネーミングやマークを考案しても、「商標登録は費用も掛かるし必要ないね」とか「商品やサービスが売れてから商標登録すればいいや」と考える人がいます。ここでは、商標登録しないことで生じるデメリットについて説明します。

大切な商標を使用できなくなる

商標登録は「先願主義」といって、いわゆる早い者勝ちの制度となっています。あなたが使用している商標と同じような商標について、もし他人が先に商標出願してしまい、商標登録を受けてしまったら、それ以降、あなたは、もうその商標を使用することができなくなってしまうのです。「その商標は自分のほうが先に使用していたんだ」という主張をしても、原則として認められません。

差止請求や損害賠償請求を受けることがある

あなたは、せっかくすてきなネーミングやマークを事業で使用していたとしても、商標登録で先を越された他人にその商標の使用中止を求められたら、すぐにその商標の使用を中止しなくてはなりません。その上、その商標を付けて販売した商品を市場から回収して廃棄するように求められることも一般的です。場合によっては、あなたがそれまでにその商品で得た利益を賠償金として支払う必要もあります。

それまでに費やした広告宣伝費が無駄になる

それまで使用していた商標の使用中止を余儀なくされると、あなたが、それまでにその商標のブランドを普及させるために費やした広告宣伝費などもすべて無駄になってしまいますし、他の商標に変更すれば、ブランディングをまた一からやり直すことになってしまいます。

高額なライセンス料の支払いが必要になる

他人に商標登録で先を越されてしまった場合に、それでもその商標を使用し続けたいときは、その商標権を取得した者と商標使用許諾契約を締結し、ライセンス料を支払う必要があります。もし、その商標を使用する事業の規模が大きいと、支払うことになるライセンス料も当然高額になります。また、その商標権者から、足元を見られて、商標権を高額で買い取るように要求されることもあります。その場合、自身のブランドを守るため、高額な請求でも仕方なく受け入れざるを得ない場合もあるでしょう。

東京のボングゥー特許商標事務所は、お客様の商標権を保護するために最善を尽くします。商標登録しないことのデメリットなど、さらに詳しく知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。

東京で商標登録をご希望の方はボングゥー特許商標事務所にご相談ください

商標登録によって享受できるメリットや、商標登録しないことで生じるデメリットは、時に会社の存亡にさえ影響する場合があります。また、現在ブランド価値の低い商標であっても、これから使用し続けていくなかで、必ずやその商標にはあなたの信用が化体していきます。

そのときに、他人に商標登録で先を越されてしまい、その商標の使用中止を余儀なくされることほど辛くて悲しいことはありません。商標登録を受けるべきか迷っている、東京の経営者の方々は、お早めに東京のボングゥー特許商標事務所にご相談ください。お客様の知的財産である商標が有する力を最大限発揮できるように、弁理士がサポートします。

東京で商標登録をお考えなら皆様の知的財産権を保護するボングゥー特許商標事務所にご依頼ください

ボングゥー特許商標事務所は、中小企業・ベンチャー・個人事業主を支援する特許商標事務所です。お客様にとって、最良の知的財産権(特許・実用新案・意匠・商標)の取得・活用・保護について、丁寧でわかりやすいサービスを提供しています。

サイト名 ボングゥー特許商標事務所
所 長
弁理士 堀越 総明(ほりこし そうめい)
日本弁理士会会員 登録番号20591号
住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-12-7 東京リアル岩本町ビル7階
電話番号 03-5839-2031
FAX番号 03-5839-2065
URL https://www.bon-gout-pat.jp/

お問い合わせフォーム

初回相談無料:まずはお気軽にお問い合わせください 03-5839-2031(受付時間:平日 10:00~18:00)※面談によるご相談は要予約となります。ご希望の方はお電話またはお問い合わせフォームにてご連絡ください。

ページの先頭に戻る